読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

APC 技術ブログ

株式会社エーピーコミュニケーションズ 先進サービス開発部の公式ブログです。

株式会社 エーピーコミュニケーションズシステム基盤エンジニアリング事業部の公式ブログです。

【YAMAHA RT】スイッチポートでのタグVLANとポートVLANの併用について

Router YAMAHA

YAMAHAのルータで、タグVLANとポートVLANを併用する時の留意点です。

f:id:apc-sieg:20140711164654p:plain

YAMAHAルータにはLAN1のようなスイッチポートがあります。

※上の写真(RTX120)の場合は8ポート

 

このLAN1のポートは、タグVLAN or ポートVLANの排他設定となっているため、
両方の設定を混在することができません。

 

1ポートでもタグVLAN設定をしてしまうと、残りのポートもタグVLAN設定になるので、ポート設計をする場合等で注意が必要です。

 

ちなみに、タグVLANとポートVLANの設定は、それぞれ以下の様な感じになります。

■タグVLAN

※LAN1ポート全てがVLAN10とVLAN20のタグVLANポートになります

vlan lan1/1 802.1q vid=10 name=VLAN10
ip lan1/1 address 192.168.10.254/24

vlan lan1/2 802.1q vid=20 name=VLAN20
ip lan1/2 address 192.168.20.254/24

 

■ポートVLAN

※LAN1のポート1がVLAN10、ポート2がVLAN20の設定になります

vlan port mapping lan1.1 vlan10
lan type lan1 port-based-option=divide-network
ip vlan10 address 192.168.10.254/24

vlan port mapping lan1.2 vlan20
lan type lan1 port-based-option=divide-network
ip vlan20 address 192.168.20.254/24

 

 

※検証機器:RTX1200