読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

APC 技術ブログ

株式会社エーピーコミュニケーションズ 先進サービス開発部の公式ブログです。

株式会社 エーピーコミュニケーションズシステム基盤エンジニアリング事業部の公式ブログです。

【Palo Alto-FW】詳細ログにVirusTotalへのリンクを貼る方法

Firewall Palo Alto Networks Tips Network

本記事はPAN-OS6.1.xを対象としています

 

Webサイトやファイルのマルウェア検査を行うことができるサービス「VirusTotal

そのVirusTotal」へのリンクを、パロアルトネットワークス社の次世代ファイアウォールのログに自動で表示させることができます。

 

www.virustotal.com

 

 

手順

set deviceconfig system log-link」コマンドで実現します。

 

Admin権限でファイアウォールにログイン後、configure modeに移行します。

> configure
Entering configuration mode
[edit]

 

以下のコマンドを実行します。

# set deviceconfig system log-link VirusTotal.dstip url https://www.virustotal.com/jp/ip-address/{dst}/information

 

# set deviceconfig system log-link VirusTotal.srcip url https://www.virustotal.com/jp/ip-address/{src}/information

 

最後にCommitを行います。

# commit

 

確認

WebUIにログインし、トラフィックログ/脅威ログを確認します。

各ログの左に表示されている詳細ログ確認アイコンをクリックします。

f:id:apc-sieg:20160826194318p:plain

 

”ログリンク”の項目にVirusTotalへのリンクが貼られます。

f:id:apc-sieg:20160826193143p:plain

 

※拡大した画面

f:id:apc-sieg:20160826193237p:plain

 

リンクをクリックすると、ログ中のIPアドレス(送信元、宛先)をもとにしたVirusTotalのページが表示されます。

f:id:apc-sieg:20160826194558p:plain