読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

APC 技術ブログ

株式会社エーピーコミュニケーションズ 先進サービス開発部の公式ブログです。

株式会社 エーピーコミュニケーションズシステム基盤エンジニアリング事業部の公式ブログです。

【Lync】Microsoft Lyncのライセンスについてまとめ

Microsoft Lyncのライセンスについての備忘録です。

 

■参考資料:ライセンスガイドMicrosoft

 

Lyncを使用するためには下記のライセンスが必要です。

  • サーバー ライセンス
  • クライアント アクセスライセンス(CAL)
  • Lyncクライアント ライセンス

 

以下、各ライセンスの概要を記載します。

※詳細は参考資料をご参照下さい

 

【サーバー ライセンス】

Lync フロントエンドサーバーの実行に必要なライセンスです。(フロントエンドサーバーの台数分必要です。)

下記のライセンスがあります。

 

・Standard

 → 冗長構成が不要な場合に利用します。

 

・Enterprise

 → 冗長構成を使用する際に必要です。

  

【クライアント アクセスライセンス(CAL)】

CALはサーバーのサービスにアクセスするための権利をユーザーに付与するライセンスです。

下記のCALがあります。(※必要に応じてデバイスCALまたはユーザーCALを選択できます)

※各CAL間の詳細な機能の違いについては、参考資料のP10.「3.4.4 CAL の新機能と強化機能」をご覧ください。

 

・Lync Server 2013 Standard CAL 

 → 必須です。IM、プレゼンス、音声/ビデオ通話等の基本機能が使用できます。

 

・Lync Server 2013 Enterprise CAL 

 → 3人以上でIMや通話(会議)を行う際に必要です。

 

・Lync Server 2013 Plus CAL 

 → 外線(公衆網)と通話/会議する際に必要です。

 

◎CALの組み合わせ

 Standard CALは必須のため、下記の4種類の組み合わせがあります。

 

  •  Standard
  •  Standard + Enterprise
  •  Standard + Plus
  •  Standard + Enterprise + Plus

 

 

【Lyncクライアント ライセンス】

Lyncクライアントアプリケーションのライセンスです。

IMや通話等の機能はLyncクライアントアプリケーションとLyncサーバーが連携して提供します。

使用するクライアントに応じて選択して下さい。

 

下記のクライアントがあります。

 

Microsoft Lync 2013

 → Windows7/8用です。

      Office Professional Plus 2013に含まれるため、Officeのライセンスが必要です。

 

Microsoft Lync Basic 2013

 → Windows7/8用です。

      上記「Microsoft Lync 2013」ライセンスの簡易版で、無料で取得できます。

   外線を利用しない場合は、Basicで十分です。

 

・Lync Windows ストア アプリ

 → Windows 8用です。

      Windows8のUIを利用した"素晴らしい"ユーザーエクスペリエンスが提供されるらしいです。

      Windowsストアから入手できます。

 

・モバイル クライアント

 → Windows Phone、iOS、および Android 用のクライアントであり、其々のストアから入手できます。

 

・Lync for Mac 2011

 → Mac用のLyncクライアントです。