読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

APC 技術ブログ

株式会社エーピーコミュニケーションズ 先進サービス開発部の公式ブログです。

株式会社 エーピーコミュニケーションズシステム基盤エンジニアリング事業部の公式ブログです。

Windows7でTOS値(DSCP)を変更する方法

QOSの試験で、TOS値を変更して「iperf」 などの負荷ツールで負荷を掛けたい場合があるので、備忘録として方法を記述します。

 

1.スタートメニューの「プログラムとファイルの検索」から「gpedit.msc」を実行し、ローカルグループポリシーエディターを開きます。

f:id:apc-sieg:20130523165226j:plain

 

 

2. 「コンピュータの構成」→「Windowsの設定」を選択し、「ポリシーベースのQOS」を右クリック→「新規ポリシーの作成」をクリックします。

f:id:apc-sieg:20130523165235j:plain

 

3.表示された画面でDSCPの値が設定出来ます。値は0~63の範囲で設定可能です。

f:id:apc-sieg:20130523165244j:plain

 

4.特定のアプリケーションやIPアドレス、ポート番号などでTOS値を変更する対象の通信を設定できます。

f:id:apc-sieg:20130523165253j:plain

f:id:apc-sieg:20130523165302j:plain

f:id:apc-sieg:20130523165422j:plain

5.これで、ポリシーにマッチした通信のTOS値が変更されるようになります。

以下の画像は試した結果です。

f:id:apc-sieg:20130523165433j:plain

 

※動作確認は行っていますが、実際に試す場合は自己責任で実施頂ければと思います。